Cousin’s death|従兄弟の死

I’m not sure if I can write this well…but in order to step forward, I decided to post this. It will be a bit long story.

My cousin has passed away by a bike accident on the other day. Thank you for everyone who sent me kind words, and I apologize I haven’t been able to respond. The shock was too strong. He was the same age as I am. When we were kids, me, he, his two years older brother, and my brother used to play together at my grandparent’s house in Fukuoka. Playing cards, chasing butterflies, swimming, singing, dancing, waiting for Santa Claus, sometimes fighting…While there are lots of children who don’t have any relatives in countryside in this modern society, our child-food was absolutely amazing. We were happy, we grew up together like brothers. He was a clever guy, was good at math and computer, but also was really into music. He played the piano very well, and played the base guitar in a band, and was chasing his dream to be a professional while doing a part-time job. As I was also chasing my dream staying abroad, I was supporting his dream too. I believed that his dream would come true in the future.

After we became adults, we didn’t have many chances to catch up, though he used to send me email saying “come to our gig!” He was always surrounded with his friends, he was really a cool guitarist. His friends used to be surprised and tell me “Are you his cousin? Wow, you guys are such close family!” which used to make me feel proud. After I came to London, I couldn’t meet him at all…but I had never felt like we were apart. It didn’t matter, we were always family. When I heard he had passed away, I felt as if someone hit my head with a hammer. That can’t be true. It must be a lie. After I tweeted, my head was totally messed up. Unfortunately I couldn’t go back to Japan, I had to face the reality continuing the normal life. Although my colleague kindly asked me if I wanted to take some rests, being rather scared of loneliness at home, I went to the studio everyday. Fortunately …or unfortunately, it’s been extremely busy these days, I could forget about the incident while I was working. However, I couldn’t concentrate, misheard English a lot, felt exhausted everyday after work. Once leaving the studio, remembering of him and loads of memories, I couldn’t help but go home crying on the tube. I think, usually in this kind of situation, family gather and prepare for funeral, cry together and then accept the reality little by little. For me, I couldn’t find a place to release my emotion, I was feeling like suffocated….well, I am still feeling like suffocated.

The amount of our memory is not something I can go through only for a week or so, everyday, remembering new ones, I cry.  I thought I would be able to see him anytime. Even when we become old men and an old women, I thought we would be just stay as family. I can’t believe he is no longer there when I next go back to Japan. But…he would say “Why are you still crying?” if I keep crying, I decided to step forward. Although I’m feeling so bad being unable to attend his funeral, if he can listen to my words now…I just want to say “Thank you”. Thank you for the fun, exciting, happy memories. You did really well. Please rest in peace.

本当はまだきちんと気持ちが整理できていないのですが、少し前に進む為にもこのポストを書く事にしました。長くなりそうなので、お時間のある方はお付き合い下さい。

先日、従兄弟が交通事故で亡くなりました。励ましのメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございます。ショックが強すぎて暫く放心状態だったので、きちんとお返事ができずに申し訳ありませんでした。

従兄弟と私は同い年でした。私達が子供の頃は、彼の2つ上の兄と私の弟、4人で福岡の祖父の家に行っては一緒に遊んでいました。トランプしたり虫取りに行ったり、川で泳いだり、歌って踊ったり、サンタクロースを待ったり、たまにケンカをしたり・・・。最近では田舎が無いなんていう都会っ子も多い中、私達の夏休み、冬休みは絵に描いたようなもので、今思えばすごく幸せな少年時代を過ごしたんだと思います。そんな恵まれた環境で、私達は兄弟みたいに育ちました。

彼はなんだか頭が良くて、数学とかコンピューターとか良く出来てたんだけど、それよりも音楽にのめり込んでるやつでした。小さい頃はピアノが上手で、大きくなってからはバンドでベースをひいて、今でもバイトしながらプロを目指していました。私もいきなり会社辞めて留学したりと好き勝手生きている方なので、彼の生き方はすごく共感できたし応援してもいました。きっといつか夢を掴むのだろうと、私も信じていました。

大人になってからはなかなか会える機会もなかったんだけど、でも時々「ライブ見においでよ」なんてメールをしてくれていました。いつも沢山の友達に囲まれてるカッコいいバンドマンでした。彼の友人達に「従兄弟!?仲良いんだね!」なんて言われて、嬉しく思った事もありました。私がイギリスにきてからは、それこそ全然会えなかったけど、「疎遠」になったなんて一度も思った事はなかった。会えなくても私達は仲のいい家族だったから。

彼が亡くなったという知らせを聞いた時は、正にハンマーで頭を殴られた感じがしました。嘘に決まってる。嘘であって欲しい。ツイートはしたものの、それから私の頭の中はぐちゃぐちゃでした。残念ながら帰国する事はできず、いつもと同じ生活のまま現実を受け止める事になりました。心配した同僚が、「少し休むか?」と聞いてくれましたが、むしろ家で1人になる事の方が怖くて、毎日会社に行きました。

幸か不幸かこのところものすごく忙しく、仕事をしている間は忘れる事ができましたが、いつもより集中力がなく英語の聞き間違えも多くて、仕事が終わるとものすごい脱力感で、スタジオを出た瞬間に彼の事を思い出し、小さい頃の思い出とかが溢れ出して来て、電車の中でもおかまい無しに号泣しながら帰りました。

こういう時って本来なら、親戚で集まって、葬儀の準備をしたり、一緒に泣いたりしながら少しずつ現実を受け入れる準備をするのだと思うのです。だから、帰れなかった私にとっては辛い思いや痛みの行き場がなくて、息が詰まるような気分がずっと続いていました・・・というかまだ、続いています。

たった1週間ちょっとで思い出しきれるような思い出の量ではなくて、毎日のように「あぁこんな事もあったなぁ」なんて思いながら、また涙が出てきます。これからもずっといつでも会えると思ってた。お互いしわくちゃのおじいちゃん、おばあちゃんになっても、家族としてやっていくんだと思ってたんです。日本に帰ってももう彼がいないなんて、信じられない。

でもいつまでも泣いていたらきっと「何まだ泣いてんだ」って言われちゃいそうだから、明日から少しずつ前に進みたいと思います。お葬式にも行けなくて申し訳ない気持ちで一杯だけど、もし今一言だけ彼に言葉が届くのなら・・・とにかく「ありがとう」と伝えたいです。

楽しい時間をたくさんありがとう、そしてお疲れ様。ゆっくりと休んで下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.