Tag Archives: Japan

デンマーク戦

すみません、いつも忙しくてブログ書けないなんて言い訳してますが今日は速攻書きます。デンマーク戦。これはちょっと良すぎました。

こちらではナイトゲームという最高の時間帯、私が行ったパブにも続々と日本人の姿が。他にもサッカー好きっぽいイギリス人と、デンマーク人は・・・どれ位いたんだろう?でも確実に日本人が占拠してました。やっぱりパブで見るサッカーは最高です。

123

とにかく今までのW杯では、勝とうが負けようがなんかヘロヘロな試合しかできてなかった日本が、ヨーロッパの国を相手にちゃんとした試合をしたっていうのが嬉しかったです。 やっぱり立役者は本田なのですよね。1点目のFKも美しかったし3点目のアシストなんて、よくW杯のあんな場面であんな冷静な切り返しができたものだわ。完璧でした。BBCの実況は本田のプレーを「クリスチアーノ・ロナウド」っぽいと表現していましたが、言われてみると確かに。日本にもこんなに華のある選手がいたんですね。

得点した後も結構デンマークがボール回してた感じですがやっぱりディフェンス陣がしっかり守ってくれたからこそ勝てた気がする。川島もよく危ない場面を止めてて、PKだってもうあれは仕方ないのに地面を叩きながらめちゃめちゃ悔しがっていたのが印象的でした。でもやっぱそれ位の気持ちがないと!それから、危ない!という場面には必ず中澤(の頭)が・・・。すごい人です、ほんとに。職人。ボンバー。

そんでもって最後に1つ。2点目を決めた遠藤。彼は元フリューゲルスの選手なんです〜!(まだ言うか。)当時18歳だった彼がW杯に出てあんなキレイなFKを決めるなんて・・・泣きそうでした。感動。

ちなみにこの試合、こっちの人たちにもだいぶ好評だったようで。今日は朝から職場で色んな人に声かけられたし、。BBCの実況もべた褒めな感じで、なんだか嬉しいですね。でも遠藤の名前言えてなかったけど。彼は「やしゅぅひとぅ、えんどぉぅ」じゃないよ。 次もがんばろう、日本。

ロンドンに戻ってきました。

一時帰国を終えてロンドンに戻ってきました。久しぶりにみんなに会えてとても嬉しかった。ありがとうございました。そして今回ご連絡頂いたのに会えなかった皆様、本当にすみませんでした。次回はぜひ!!! 帰国中は歌舞伎を見たり、美味しいものを食べたり、買い物したりと・・・居心地のいい時間を過ごさせて頂きました。居心地が良すぎてロンドン行きの飛行機に乗った時にふと寂しくなってしまった・・・。あぁ〜また暫くみんなに会えないんだな、と。でも自分で頑張ると決めた道なので、しっかりと前を向いて行きたいと思います。 MAが終わって、この時期に日本に一度戻った事でなんだかまた新しいスタートを切った気がします。正直職も何もない今は、一年前よりもずっと不安で仕方ありません。もう1年以上暮らしている街なのに、「見知らぬ土地」感が強いです。ゼロからのスタートです。でもやるしかないよね。

鼓童/ロンドン公演

旅行日記の途中ではありますが、忘れないうちにどうしても書き留めておきたい話題を1つ。 またまたAさんに誘って頂いて、鼓童のロンドン公演を見に行ってきました。正直、ちゃんとした和太鼓のパフォーマンスって見た事なかったし、「学生は50%オフ」の言葉に惹かれて見に行ったようなものだったのですが。 ちょっと鳥肌立ちました。すごい迫力でした。ホームページでプロモ見た時も、カッコいいな〜とは思ったのですが、あの大太鼓の迫力は生で聴かないとわからないかも。体の外側ではなく、内蔵に響いてくる感じの音です。なんか雷とかの低〜い音に似てる。思わず太鼓を持ってる雷様のイメージが頭に浮かびました(笑)。 鼓童のいいところは、ちゃんと「エンターテイメント」として演出されている所かなと思います。技術もちゃんとしているし、シリアスに太鼓の迫力を見せたかと思えば、少しコミカルにお客さんの笑いを誘ってみたり、何より演じている人達が楽しそう。こっちまでドキドキしたり、笑ったり、リズムに乗ったりしながらあっという間に時間が過ぎていきました。 ちなみに一緒にきたクラスメート(日本人以外)にもかなり好評でしたよ! しばらくヨーロッパを回るようですので、皆さん要チェック ! 鼓童ウェブサイト

日本 vs オーストラリア

すご〜い試合だったなぁ、面白かった!日本だけではなくて、どちらのチームも守りに入らずにガンガン攻めるような、見ながら思わず叫んでしまうような試合でした。後半までよく守ってたので、先に点取られたときはこのまま集中力が途切れちゃうんじゃないかって思ったのだけれど数分後の高原のゴールは本当にチームを救いましたね!あの勢いのまま切り返したのもすごかったけど、その後のシュートが良かった。あのスピードはGKは止められないでしょう。高原、ホンモノのストライカーになったんだなぁ。頼もしい! 昨日の審判のジャッジは、私がオーストラリア人だったらマジ切れものだったと思いますが。。。そんなラッキーな状況だったにも関わらず、相手が10人になってからも崩しきれなかったのは、ちょっと残念。でもおもしろいサッカーをするようになってきたオシムJAPAN、これかも期待大です。

v.s. UAE

最高のゴールじゃないすか、高原さん!ブラボゥ!後半見られなかったけど、安定した勝ち方でしたね。始めの2点を取った時のオシム監督の表情が印象的でした。特に2点目のガッツポーズなんて、すごい気迫だったし。試合後のインタビューで「選手におめでとうと言って下さい。」なんて言ってて、ちょっと感動。なんかチームらしくまとまってきた感じがするなあ…。こんなサッカーを続けてくれると嬉しいのだけれど。次も楽しみです。

vs カタール

唖然。あれはないでしょう。TV叩き壊すかと思ったよ。いつもの通り攻めつつも点を取れない、という展開になったのは予想通りとして、あの最後の失点は何なの!?ほんの数分前に同じ様な位置からいいシュートを蹴られてて、すごく危なかったにも関わらず、同じ位置でファールを与えて、まったく同じ選手にゴールを許す。FKの前のカタールの選手たちの表情は本当に”必死”で、集中してるのがわかった。それに比べて、暑さにやられたのかも知れないけど、日本のぽかんとした表情とスカスカの壁。「お前らはアマチュアか!?」と怒鳴ったというオシム監督の怒りはもっともだと思う。あれはないよ。久しぶりに代表の試合見てこんなに腹がたった。オシムさん、何とかしてくれぇ。 ・・・ちなみにここのところオシムさんのイメージが変わりつつある。冷たい感じの人かと思ったらそうでもないみたいだし、指導者として実はものすごくレベルの高い人?オシムさんなら、トーンダウンしている日本を何とかしてくれるのでは・・・?と思い始めました。

World Cup: Japan vs Croatia

川口は昨日も神が降りてきていました。凄かった。 キーパーがあれだけ頑張ってるのに、FWが点取らなくてどうするのよぅ!いい内容の試合したって勝ち点3取らなきゃW杯じゃ意味ないんだよぅ!勝ち点取るにはゴール決めないとダメなんだよぅ!ゴール決めるにはシュート打たなきゃいけないんだよぅ! やっぱいいリズムの時にきちんと決められなかったのが痛かったですね。前半もまあまあ攻めてたし、後半始め、稲本が入ってからもいいリズムだったのに…。最後はもうみんなバテバテだったし。 それにしても最後15分のヒデのプレーがなんとも寂しかったです。なんかいつもより雑だった気がするし、暑くてきつかったのかも知れないけどいつもみたいに厳しい位のパスだして、周りに檄飛ばして欲しかった…。前半のミドルとか、良かったけど! 日本はまだまだ弱いチームなのですね。こうなったらブラジル撃破して、潔く帰りますか。

Worldcup: Japan vs Australia

悔しい。すっげぇ悔しい。 でもあれだけ見事に3点も取られると、ヒディングにやられた〜!という感じがしなくもない。 確かに前半から危ない場面はあったし、オーストラリアの方が早くてパワフルな攻撃をしてきてたし、神懸り川口がいなかったら前半からもう2点くらいは取られてたかも知れないけど・・・。でも3-1っていう程の実力の差あった?むしろ、日本もいい攻めしてる場面あったよね? って事はチャンスにきちんと点を取れない決定力不足と(何年言い続けてるんだコレ)、ジーコの判断ミスと、追いつかれた後に試合運びの仕方を見失ってしまった経験のなさ?こわいね、W杯。 でもまだあと2試合ある!勝つぞ〜次は!

日帰り箱根(2)仙石原

なかなか書きたい事に書くスピードが追いついてないなぁ。でも書くよ、私は。めげないよ、1週間前の事でも。夏休みの日記、最後の方に書いてた人だからさ。 そうそう、箱根まで何しに行ったかってこの時期綺麗なススキを見にね。ススキって癒し系ですよね。なんだかふわふわしてて、そよそよしてて、見てると心が和むよね。仙石原はもう見渡す限り一面ススキで、しかもすっごく背が高くて場所によっては自分の背より高いところがあって不思議な場所でした。いや、なんだか癒されましたわ。 ちなみにススキの写真って難しいですね。一面真っ白なんで、下手すると絵が全部白っぽくなって面白みがないし、下手に太陽の光でも入れようものならすぐ白っとびですわ、これ。難しい。まだまだ修行が足りん。 とりあえず一枚載せてみます。

IMGP0357

それからこれもちょっと不思議なトーンで撮れたので載せてみます。

IMGP0361

中村勘太郎&七之助 錦秋特別公演

今日は中村勘太郎&七之助兄弟の公演に行ってきました。も〜席が1階8列なんて素晴らしい場所だったのでウキウキしながら埼玉まで(!)行ってきました。 第1部は「蝶の道行」。七之助さんが登場するとそのあまりの綺麗さに会場全体から溜息が(笑)。衣装もすごく素敵で、特に着物と帯の組合せがビビッドで、でも上品で、ずっとみとれてました。勘太郎さんの方はやっぱり踊りがうまい!ちょっとした手のしなりや体の切れ、いつまで見てても飽きないだろうなぁ、きっと。(お2人の衣装については知らずに見た方が新鮮に感動できると思うので、これ以上書きません。) 面白かったのは第2部の芸談。二人が普通にスーツ姿で出て来て普通にいきなりトークショー(笑)。椅子(よく甘味処に置いてあるようなちょっと長っ広いやつ)が1人1つ用意してあったんですが、1人ずつ座っちゃうとなんかちょっと遠い。座ろうとした2人はちょっときょとんとした顔。お兄さんの方が「お前もこっちこいよ」という風に手招きして2人で仲良く1つの椅子に腰掛けていたのは微笑ましかったです(笑)。勘太郎さんはしっかりしているというか、もうすっかり一人前の男性の顔、七之助さんの方は少し無邪気な感じで、舞台の上とはまた違った二人の雰囲気が楽しめました。どうでもいいけど歌舞伎役者さんて姿勢がいいから、スーツもビシッと着こなすよね。 さて申し訳ありませんが長くなるのでお弟子さん達の「妹背山」は割愛させて頂きます。ごめんなさい 。
という訳で最後は「団子売」。今度は男女入れ換えて勘太郎さんが団子売りの女房役。最初の方はかわいく(笑)、「おたふく」の面を付けてからは少しダイナミックに、コミカルに、さすがと思わせるような踊りを見せてくれました。七之助さんは何気に立役もキリっとしててかっこいいんですよねぇ。しかもちょっとツヤっぽいし。歌舞伎座ではなかったですが、あんなに近い席で、2人の舞踊&トークを見られるなんて、これはかなりお得な公演ですよ。これからまだ今月の15日、16日とまだ関東であるようなので、時間が取れる方はぜひ!さっきぴあ見たら、鎌倉とか若干空いてそうでしたよ。っていうかむしろ私がもう一度行きたいくらいなんですが・・・。