ハッピーニューイヤー2012

皆様、明けましておめでとうございます。 去年は全然ブログアップデートしなかったけど・・・今年はもう少し書きたいな。

さてさて、例年通り去年のまとめ。

[大変な年でした]もちろん2011年で一番大きかった出来事は震災だとは思うのですが・・・私はその前に、年明け早々従兄弟が亡くなるという事がありまして。そういえばもうすぐ一回忌だなぁ、あっという間だったなぁ。1月は本当に一人で泣きまくった月でした。そしてようやく立ち直ってきたという頃に、今度は震災。とてもショックだったし、日本の良い部分も、悪い部分も、好きな部分も、嫌いな部分も、いろいろ見えた年でした。

[いや仕事したよ]仕事は本当に順調だったと思います。いや、失敗する事も多かったし、特に日本のクライアントの仕事をした時は、2つの違う文化の間で自分がどう振る舞えばいいのか本当に悩みました。でもその分勉強する事も多かった。学んだ1年だったと思います。

さてさて2012年は・・・

[少しペース落とそうかな]なんかここ何年かは必死で必死でひたすら全速力で走っていた気がするので、少しペースを落として周りをゆっくり見回したい感じです。ようやくロンドンでの生活も落ち着いてきた感じもするので・・・。

[人に会う]就活の義務感で人に会いに行くのではなく、もっと気軽に色々な所に出かけて行って、いろんな人と一緒に笑いたいです。

[再びプライベートの充実]実は去年の目標でイマイチ達成できなかったのがプライベートの充実・・・っていうかやっぱり仕事でもういっぱいいっぱいだったんですね。でもだいぶ自炊もするようになったし、ジムに行き始めたし、三線会にも顔出し始めたし、サッカーもまた見始めたので、今年はもっとその辺りを充実させたいなぁ。もっと音楽も聴かなきゃだし、映画も見なきゃ、そして美術館にも行かなきゃ!ロンドンをもっと楽しむのだわ。

という訳で、皆様、今年もよろしくお願いいたします。

onedotzero 2011 – wavelength

時が経つのは早いもので・・・もうonedotzeroの季節!?ありえん・・・。 とにかく今年も見て来たので、さくっとレポート。今年は初めてwavelengthを見てみました。

wavelengthはミュージックビデオを集めたものです。なんていうか映像って面白いもので 私はいつも1)映像も音楽もイイ! 2)映像が好き+音楽そこそこ 3)音楽好き+映像イマイチのどれかに当てはまれば結構その作品を楽しめてしまうタイプなので、結構1時間半たっぷり楽しんだかもしれない。

という訳で、今回の私のお気に入りをいくつか・・・。

“Happy Camper – Born With A Bothered Mind (featuring Bouke Zoete)”

これが音楽も映像も一番好きだったかも。なんか笑顔がちょっと悲しいけどなんかカワイイ・・・。

“WOODKID – Iron”

これは正に「ハイクオリティ!」の迫力という感じでした。出てくる動物達の表情がカッコイイ。ぜひ1080pにしてご覧下さい。でもやっぱりyoutubeだとノイズがすごいなぁ・・・残念。

Porter Robinson // SPITFIRE (CAPTURE THE CAN)

若干ありがちなパターンですが・・・。でもサクッと見れてかっこ良かった。

という訳でextended playへ続く・・・。

誕生日っていうか・・・週?

先週はなんていうか誕生日でございました。 お祝いのメッセージをくれた皆様、ありがとうございました。

なんか誕生日というよりは誕生週って感じで、 バースデーランチやドリンクなど色々な方にたくさんお祝いしてもらいました。 幸せものでございます。

さてと、一年間良い年にしようっと。

終戦記念日

イギリスにいるとなかなか忘れがちになってしまいますが今日は終戦記念日でしたね。色々考えさせられる日です。

もちろん戦争で犠牲になった全ての日本人の方の冥福をお祈りする日であり。

また、日本が侵略して痛みと苦しみを与えた国々の方々に、日本人として精一杯の謝罪の心を送る日であり。

日本にひどい目に遭わされた歴史がありながらも、それでも「日本の事が好き」と言ってくれる全ての友達に感謝する日であり。

辛い戦争を生き延びて私の両親を育ててくれた祖父母に感謝する日であり。

そのお陰で、私は十分な教育を受けて、今は、戦時中日本が戦っていた国に住み、毎日色々な国籍・人種の友達と笑いながら、平和な日々を暮らしています。

祖父の時代には殺し合っていた国の人たちが今は仲良くなれるなんて素敵な事じゃないですか。

そして、同じ素敵な事が、今戦争をしている人たちにも起こります様に、と願う日でもあり。

一日も早く、人種差別や戦争がなくなって、世界中の人が幸せに暮らせます様に。

月並みな言葉すぎですが、終戦記念日くらいそんな単純な祈りをしてみてもバチ当たんないよね。

8月15日は日本が決して忘れてはいけない、大切な日です。

バーリンゲン国際フォークダンスフェスティバル (1)

もうこれが1ヶ月前だなんて信じられないわ・・・。ドイツ旅行のレポートです。ちなみに獅子舞ホームページには既にたくさん写真がアップされてますので、こちらもどうぞ。

ロンドンに来てからなかなか獅子舞に参加するチャンスがなく、とても寂しいのですが今度はドイツでの公演!って事で張り切って参加してきました。日本からのチームはフランクフルト経由だったので私もそっちで合流しようかと思っていたのですが・・・シュツッツガルト空港に飛ぶ方が朝遅い・・・もとい効率良さそうだったので現地集合する事にしました。

初ドイツ初ドイツ♪ヒースローからたったの2時間ちょっとでシュツッツガルト空港へ。だからヨーロッパって好き♪そこから電車だったのですが、少し時間があったので駅の周りの公演をブラブラしつつ、カフェでお昼ご飯。チキンとフルーツのサラダ(唯一英語の話せた店員さんの言われるがママ・笑)を食べたのですが、これが超美味しかった!少し塩加減強めで、ちょっと!ビール!って感じ。

IMGP3219

IMGP3221

その後は電車でバーリンゲンへ。イギリスと違って(爆)ドイツの電車の正確さには脱帽。時間ピッタリに来るし、プラットフォームも予め決まってるし、ドイツ語全然わかんなくてもイギリスで旅行するよりずっとスムーズでしたわ。天気も快晴でキレイな林と川沿いを走る風景は正に「世界の車窓から」。

IMGP3265

バーリンゲンの駅から待ち合わせのホテルまではすごく近そうだったのでボチボチ歩いて行きました。おっ、早速ダンスフェスティバルのポスター発見。

IMGP3272

ホテルで待つ事暫く・・・ようやく日本のチームと合流!皆様お久しぶりでございますぅ・・・っていうか暫く参加していなかった&神社の方とはお会いした事のなかった私には初対面の方も多かったのですが。チェックインの後は夕食という事でクラブハウスへ移動。ここで出て来た夕食も・・・うまっ!っていうかドイツってご飯美味しい〜♪ビールも美味しい〜♪飲み放題〜♪歓迎の演奏もして頂いたり、夜遅くまでダンスが続いたり、初日から盛りだくさんでございました。

IMGP3280

IMGP3289

IMGP3304

13人の刺客

ドイツレポートも書きたいのですが、とりあえずこちらから。

13人の刺客、イギリスでも公開されたので見てきました。実は私、三池崇史監督の作品はちょっと苦手で・・・。そんなに作品は見た事ないのですが、暴力描写が苦手だったり、退場者続出なんて話を聞いていたので。。。でもトレーラーの出来が良くて、この映画はどうしても見たかった。

結論から言うと面白かったです。平和な江戸の世で残虐非道を繰り返す暴君を暗殺しに行く13人の刺客のお話で、その非情なお殿様「斉韶」の振る舞いが説明される最初の30分位は確かにちょっと見るのがきつい・・・。あからさまに痛い部分を映すシーンは少ないものの、音とか表情だけでも「うわぁぁぁ。。。」と思ってしまいます。そういうのが苦手な人は見ない方がいいかも・・・。でもだからこそ観客が「よし!こいつは暗殺してよし!」と思うのでしょうね。斉韶を追い詰めて行くシーンはこっちも「斬って斬って斬りまくれ!」と叫びたい気分。

で、見所の1つがその斉韶役のSMAPゴローちゃん!レビューで大絶賛されていたので、どんなのよ・・・と思っていたのですが、うん、まぁ正直周りの役者さんがスゴい方たちばかりなので、そこまで演技がスゴいとは思わなかったものの、「これよくやったなぁ」という感じ。明らかにSMAPがやるような演技ではないし、あの整った顔で残酷な事しまくりだし、人が殺されるのを楽しんでる時はあ〜もう狂ちゃってるな目でした。あの優しそうなゴローちゃんが・・・いやすごく良かったです!ブラボぅ。

刺客の方は13人みんなかっこ良かったのだけれども、やっぱり山田孝之さん!私はこの人が見たくて劇場に行ったと言っても過言ではなく。あの奥の方がキラキラした目にいつもやられます。しかも今回はサムライ!こんなに男くさい感じの役もやるんですね・・・格好良すぎた(ため息)・・・他のイケメン若手俳優さんたちと比べてもスゴいオーラでした。 それから伊原剛志さん!舞台「阿修羅城の瞳」の邪空を見てからのファンですが、この人の殺陣は本当にいつもド迫力。後半の闘いのシーンにものすごい見せ場がありますので、見てない方は見逃さないように・・・。っていうかあんなカッコイイ殺陣のシーン見逃せんわ。 そして13人をまとめる役所広司さん、松方弘樹さんはやっぱり渋くてカッコイイ。そして暴君とわかっていながらそれでも自分の主君を守ろうとする市村正親さんもものすごく迫力がありました。役所広司さんと対峙する場面はもうそれだけでドキドキしてしまったわ・・・。三池監督は緊張感を作り出すのがとても上手い方なのですね。

全体的にオーソドックスな撮り方をしている感じの雰囲気がすごく好きでした。ロウソクの明かりで照らし出される江戸時代の日本家屋とか、変な良い方すると妙に落ち着く感じ。でも逆に明らかなCGの部分が目立ってしまってそういうのはちょっと要らなかったかもと思いました。他がリアリスティックな分、興醒めしちゃいますよね。。。 とにかく時代劇好きな私としてはとても楽しめました。殺陣はカッコいいし、お侍さん達の所作もカッコイイ。バイオレンスを我慢した甲斐があったというもの。音も迫力あるので、ぜひ映画館で・・・って日本の公開はとっくに終わってるのか。

さて、そんな三池監督の次の時代劇がなんと海老様(注:市川海老蔵)だそうな!!!瑛太も出てるそうな!!!そして極めつけが音楽が教授(注:坂本龍一)だそうな!!!こ・・・これは見なきゃならんでしょ・・・。でもやっぱりカンヌで退場者が出たそうな・・・(汗)。でもこのクリップ・・・見たい・・・。 あっそうそう・・・古田新太さんが・・・ボケなかった・・・(笑)

Tron Legacy

日本に帰ったとき、Tronを見に行きました。なんか3Dで見たのにあまり3Dに見えなくて、字幕だけ浮き出てたんですけど、これは映画館のせい?それともそういうものなん?

それはさておき、面白かったです。実はDaft Punkの音楽を聴きたいが為に見に行ったようなものだったんですけど、なかなか他にも見所たくさんでした。とにかくグラフィックがスゴい。飛び交う「ディスク」と光のラインや、テンポの激しい俳優達のアクションに合わせて空中から現れるバイクや飛行機のカッコイイこと。Daft Punkの「Derezzed」が流れるシーンとかもう快感でした。

ストーリーはまぁよくある感じの「デジタルとは、アナログとは、人間とは、コンピューターとは・・・」な話なのですが、1982年にリリースされたオリジナルと比べれば、その意味も楽しみ方も違うのは当然かな、と思います。途中から「禅」の考えっぽいものも出て来ていたので、少し考えさせられる部分もありました。 これもちょっともう一度しっかり見たいです。デジタルの世界、キレイだったなぁ・・・。

The Social Network

ちょっと前の話になりますが、映画「Social Network」を見てきました。思ってたより面白かったです。なんというか、マーク・ザッカーバーグのサクセスストーリー的なものだとすると退屈かな〜なんて思ってたのですが、時系列が入り混ざりつつスピーディに話が進んで行くので、サクッと見られます。

ご本人がどんな人なのか知りませんが、彼のコーディング力・・・もとい行動力は見ていてスカッとする感じ。やりたい事を頭の中で組み上げてさっとコードを書き上げる感じがカッコイイ、ってこれってギークな感想?でも、頭はいいのだけれど、それが結果的に傲慢な行動につながってしまう感じが・・・。本人はそんなつもりは無いんだろうけど、親友とのやりとりも、そういう性格から少しずつズレがでてきてしまって・・・というストーリーも見ていて面白かったです。ある意味純粋なんだろう、この人。ってどこまで実話か知らんけど。

とにかく、どんなに素晴らしいアイデアがあっても、世の中に実現してみせる力がないと意味がないわけで、そういうパワーを見せてくれる映画だと思いました。ちょっともう一回じっくり見てみたい感じ。

従兄弟の死

本当はまだきちんと気持ちが整理できていないのですが、少し前に進む為にもこのポストを書く事にしました。長くなりそうなので、お時間のある方はお付き合い下さい。

先日、従兄弟が交通事故で亡くなりました。励ましのメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございます。ショックが強すぎて暫く放心状態だったので、きちんとお返事ができずに申し訳ありませんでした。

従兄弟と私は同い年でした。私達が子供の頃は、彼の2つ上の兄と私の弟、4人で福岡の祖父の家に行っては一緒に遊んでいました。トランプしたり虫取りに行ったり、川で泳いだり、歌って踊ったり、サンタクロースを待ったり、たまにケンカをしたり・・・。最近では田舎が無いなんていう都会っ子も多い中、私達の夏休み、冬休みは絵に描いたようなもので、今思えばすごく幸せな少年時代を過ごしたんだと思います。そんな恵まれた環境で、私達は兄弟みたいに育ちました。

彼はなんだか頭が良くて、数学とかコンピューターとか良く出来てたんだけど、それよりも音楽にのめり込んでるやつでした。小さい頃はピアノが上手で、大きくなってからはバンドでベースをひいて、今でもバイトしながらプロを目指していました。私もいきなり会社辞めて留学したりと好き勝手生きている方なので、彼の生き方はすごく共感できたし応援してもいました。きっといつか夢を掴むのだろうと、私も信じていました。

大人になってからはなかなか会える機会もなかったんだけど、でも時々「ライブ見においでよ」なんてメールをしてくれていました。いつも沢山の友達に囲まれてるカッコいいバンドマンでした。彼の友人達に「従兄弟!?仲良いんだね!」なんて言われて、嬉しく思った事もありました。私がイギリスにきてからは、それこそ全然会えなかったけど、「疎遠」になったなんて一度も思った事はなかった。会えなくても私達は仲のいい家族だったから。

彼が亡くなったという知らせを聞いた時は、正にハンマーで頭を殴られた感じがしました。嘘に決まってる。嘘であって欲しい。ツイートはしたものの、それから私の頭の中はぐちゃぐちゃでした。残念ながら帰国する事はできず、いつもと同じ生活のまま現実を受け止める事になりました。心配した同僚が、「少し休むか?」と聞いてくれましたが、むしろ家で1人になる事の方が怖くて、毎日会社に行きました。

幸か不幸かこのところものすごく忙しく、仕事をしている間は忘れる事ができましたが、いつもより集中力がなく英語の聞き間違えも多くて、仕事が終わるとものすごい脱力感で、スタジオを出た瞬間に彼の事を思い出し、小さい頃の思い出とかが溢れ出して来て、電車の中でもおかまい無しに号泣しながら帰りました。

こういう時って本来なら、親戚で集まって、葬儀の準備をしたり、一緒に泣いたりしながら少しずつ現実を受け入れる準備をするのだと思うのです。だから、帰れなかった私にとっては辛い思いや痛みの行き場がなくて、息が詰まるような気分がずっと続いていました・・・というかまだ、続いています。

たった1週間ちょっとで思い出しきれるような思い出の量ではなくて、毎日のように「あぁこんな事もあったなぁ」なんて思いながら、また涙が出てきます。これからもずっといつでも会えると思ってた。お互いしわくちゃのおじいちゃん、おばあちゃんになっても、家族としてやっていくんだと思ってたんです。日本に帰ってももう彼がいないなんて、信じられない。

でもいつまでも泣いていたらきっと「何まだ泣いてんだ」って言われちゃいそうだから、明日から少しずつ前に進みたいと思います。お葬式にも行けなくて申し訳ない気持ちで一杯だけど、もし今一言だけ彼に言葉が届くのなら・・・とにかく「ありがとう」と伝えたいです。

楽しい時間をたくさんありがとう、そしてお疲れ様。ゆっくりと休んで下さい。

明けましておめでとうございます 2011

皆様、明けましておめでとうございます。

年末年始はヒースロー空港のお陰で散々な目にあいつつも、日本で年越しを過ごす事ができました。予定がキャンセルになってしまった皆様、ごめんなさい。かろうじて会えた皆様、ほんとに楽しい時間をありがとうございました。飲みに行き、温泉に行き、映画見て中華街行ってお節に年越し蕎麦食べて、紅白見て除夜の鐘きいて、駅伝見てセール言って・・・。1週間で結構頑張ったわ。

さて、2010年レビューからです。

[耐えた年でした。] 去年のポストで「今年も耐える年になる」と書いていた私。ほんっとキツかった・・・。前半は就活で体力的にも精神的にも(金銭的にも)追い詰められていた感じで、余裕なかったなぁ・・・。就職した後はまたちょっとキャッチアップするのにあたふたした感じ・・・。胃が痛くなる1年でした。

[目標達成!] でも2010年最大の目標だった就職・・・おかげ様で100%満足な形で達成できました。日本での就活の経験から、どこか妥協しなきゃいけないだろうとタカをくくっていたのですが、全く妥協してません。今仕事に関しては完全に満足です。 という訳で2011年は・・・。

[UXとしての経験を積む] 詳細は書きませんが、UXデザイナーとしてどんどん経験を積みたいし、自分らしいアイデアもどんどん発信していきたいです。

[プライベートの充実] 去年就活以外何もしなかったので(汗)今年はもうちょっとプライベートを充実させていきたい・・・。

  • (改めて)友達とやっているプロジェクトを終わらせる!
  • 旅行に行きたい!(5月にとりあえずドイツに行けるかも・・・?)
  • 何か新しい事を始める!(弓道やりたいなぁ・・・でもアロマセラピーも気になる・・・)
  • もっと映画を見る!もっと音楽を聴く!もっと美術館に行く!

[もう少し健康的な生活に] 去年は本当に身体ヘロヘロになりながら過ごしてたので、精神衛生上もちょっとよくなかったです。今年は少し定期的に運動して、自炊もちゃんとバランス考えてしっかり健康状態を保って行きたいと思います。 それでは皆様、今年もよろしくお願いします。

header flower